痛みが楽になる寝方

重いものを一気に持ち上げようとしたり、座った姿勢や寝ている姿勢から急に起き上がる、立ち上がろうとした時に、電気が走るように腰に激痛を伴うことがあります。いわゆるぎっくり腰の症状ですが、骨が折れたわけではなく、捻挫の症状が腰の筋肉に出たものだと想像するとわかりやすいでしょう。

ぎっくり腰になると少しでも腰を動かすと強い痛みが感じられますので、まずは腰の捻挫による炎症が静まるまで、安静にすることが肝心です。寝る姿勢に関しても注意を払いたいところです。間違った姿勢で寝ると痛みが辛くてなかなか寝付けなくなる他、回復が遅れてしまいます。

おすすめの姿勢

寝る姿勢として一般的なのが仰向けの状態ではあるものの、ぎっくり腰の状態だと腰の周囲に負担がかかりやすい仰向けは避けるのが無難です。痛くても我慢して無理に仰向けの姿勢になる必要はありません。

おすすめの姿勢は、うつぶせや横向きの姿勢です。うつぶせになると腰への負担が軽減されて痛みが緩和しますが、胸やお腹部分が圧迫されて息がしにくくなったり首に負担がかかるなどの問題があるため、うつぶせができないなら横向きの姿勢になるのが良いでしょう。

うつぶせ

ちなみに、うつぶせになると腰の反りが強くなり、ますます痛くなる例もありますので、合わないと感じたなら、うつぶせで寝るのは避けるようにしてください。

横向き

横向きで寝る場合、背中をやや丸めるようにすると腰の反りが和らいで痛みが少なくなります。曲げすぎてもよくありませんので、痛みが少なくなるちょうど良い曲げ方に調整してみてください。その際には脚の間にクッション座布団を入れると、腰の痛みがさらに軽減されて楽になります。

仰向け

横向きではなく、仰向けで寝たいという場合には、膝を立てて寝るようにすると腰への負担が少なくなりますので、試してみましょう。

おすすめの姿勢まとめ

このように、ぎっくり腰対策に有効な寝相はできるだけ腰の部分を反らさない、曲がりすぎないようにすることが肝心だとわかります。これはマットレスの選び方にも影響を与えますので、しっかりと覚えておいてください。

 

おすすめのマットレス

おすすめのマットレス
おすすめのマットレスは、適度な反発力を持つものです。低反発と高反発の2種類の商品が腰痛対策用として有名ですが、イメージ的には低反発な商品だと背中や腰の部分が沈み込んでしまい、ぎっくり腰にはあまり良くないといわれています。

しかし、必ずしも低反発が悪く、高反発が優れるとは限りません。自分の体重に合ったものを選ぶことの方が遥かに大切なことです。

 

>>当サイトがおすすめするマットレス一覧<<

小柄で体重が軽い人

比較的小柄で体重が軽い人なら、低反発の商品が向いている場合があります。自分の体重で身体が沈み込むことが少ないため、低反発でも十分な機能を発揮してくれます。逆に高反発な商品で寝ると、腰の部分に隙間ができて、反り返りがきつく感じられるようになり、痛みが増したり筋肉の回復が遅れてしまいます。

体重が重い人、身体が大きな人

体重が重い人、身体が大きな人なら、高反発の商品がフィットします。低反発だと体重を支えきれずに沈み込むリスクが増しますから、反発力の強いもので重い体重を支えてあげると痛みの緩和に繋がります。

感触・寝心地を確かめる

同じ低反発、高反発であっても商品によって力が変わってきますので、言葉だけで判断するのは危険です。できれば実際に商品が売られている店舗まで足を運んで、感触を確かめたいところです。

手で触るだけでなく、寝転ぶことができる店舗は大変重宝します。寝心地を確かめてからその店舗で購入したり、同じ商品をもっと安く購入できる店舗を探すなどの工夫をしてみましょう。

ネット通販

ネット通販
ネット通販で購入できる商品も多々ありますが、ネットでは画像は見られるものの、実物を触って確かめることができないというデメリットがあります。この場合には、まず店舗にある同じ商品を触ってみてから、ネット購入に踏み切るのが良いといえます。

ネット限定品や近くの店舗では取り扱っていない商品を購入したいなら、商品の説明を熟読することをおすすめします。体型や体重に合わせて適した複数のマットレスを用意しているメーカーも見かけられますので、その説明に従えば、ネット通販でもぎっくり腰に良い商品を購入できる確率を高めることが可能です。

総合的に判断する

マットレスの選び方は、単純に低反発や高反発の要素だけで判断するのではなく、総合的な判断をするのが望ましいといえます。横になった時に、体重が上手く分散する高機能な商品を選ぶと、腰の部分への負荷を少なくしてくれます。体重を分散させる商品にはデコボコの加工があるなどの、特徴的なものが多く見かけられます。

通気性にこだわることも大切です。通気性が良ければ蒸れにくい状態にしてくれますので、安眠が得られやすくなります。寝苦しい状態では寝相が悪くなるため、それによって腰の痛みが増してしまうのが心配です。

寝る姿勢を考えた時に意外にも忘れやすい選び方のポイントですので、注意してください。ぎっくり腰にならないためにも、普段から動作や寝相に気を使いながら生活を送りましょう。