マットレス臭いを消す
快適な睡眠は快適な寝具から、と言いますね。自分の身体に合った寝具で睡眠を取る事は、良質な睡眠を取る上でとても大切な事です。しかし、どんなに素晴らしい寝具を使っていても、使い続けていれば何かしら問題が生じて来ます。

その問題で特に気になるのが、マットレスの「臭い」ではないでしょうか?今は布団も枕もウオッシャブルな商品が発売されています。以前は専門業者に頼まざるを得なかった布団ですらも、今は自宅の洗濯機で丸洗いも出来るようになりました。

その為、シーツやカバーだけでなく、枕も掛け布団も毛布も洗う事で清潔さを保てるようになっています。しかし、どうしても洗濯できない物。それがマットレスです。こればかりは、専門の業者に頼めば洗濯も可能ではありますが、自宅でケアをするのには限界があります。

マットレスの臭いについて

では、このマットレスの臭いについて詳しく解説して行きましょう。まず、臭いの大元が何かと言うと、人間の身体から出る汗と皮脂です。しかし実は、汗自体には臭いは有りません。汗臭いと感じるのは、汗が皮脂とくっ付き、そこに雑菌が繁殖するから。

つまり、汗自体には臭いはないのですが、雑菌が繁殖する事で嫌な臭いを発するようになるのです。
そして、その雑菌が繁殖すると、今度はカビが発生します。カビは暖かくて湿った場所が大好きですが、実は布団の中はカビにとっては天国。

布団の中は適度な暖かさと湿気があるので、カビが発生しやすい環境です。これは暖かい季節に限った事ではなく、冬でも要注意。冬でも寝具の中は暖かいので、雑菌やカビの温床になるのです。人間は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくと言われています。

それだけの水分が毎晩、寝具の中で発生しているのですが、布団ならともかく、マットレスは毎日干す事はありません。その為、常に湿度が高い状態が続いてカビが生え、気がつけばカビ臭くなって
いる事もあります。

マットレスの臭いを解消する方法

マットレスの臭いを解消する方法

天日干しする

この状態を解消するには、寝具の湿気取りが大切です。一番いい方法は、マットレスを太陽の光に当てる日干しです。太陽の光には殺菌効果もあるので、カビや雑菌等はこれだけでもかなり退治する事が出来ます。

天気がいい日には、出来るだけ太陽の光に当てるようにしましょう。部屋の間取りなどで太陽の日に当てる事が難しいなら、窓を開けて換気するだけでも違います。お天気がいい日には、出来るだけ換気をして乾燥させましょう。

但し、ウレタン製の者は太陽の光で劣化する場合があります。天日干しをしてもいいのか迷ったら、製品についているタグを確認してください。

乾燥させる

しかし、仕事などがあれば、毎日天日干しや換気は難しいところ。梅雨の季節や、地域によっては冬になると毎日雨か雪と言う地域も天日干しするのは難しいですね。そんな時、一番簡単な方法は扇風機です。

部屋のドアを開けて、ベットに向かって扇風機をかけましょう。これだけでも寝具の中の湿気がかなり解消されます。梅雨などの湿度の高い時期には、除湿機を使うのもいいでしょう。洗濯物がいい例で、生乾きだと嫌な臭いが発生するもの。

とにかく臭いは湿気が高いと発生しやすくなるので、ベットがある部屋は湿気が籠らない様に気をつけましょう。布団乾燥機を定期的に使いのもいいですね。但し、あまり高温になると素材を傷める場合があるので、こちらも注意が必要です。

消毒液をスプレーする

消毒液をスプレーする

大抵はこの天日干しと乾燥を心掛ける事である程度の臭いが取れる物ですが、それでも臭いが取れない場合は、こんな方法があります。

まずは消毒液をスプレーする事。市販のエタノールでいいので、表面にスプレーして、その後乾燥させて下さい。臭いの元は雑菌やカビなので、消毒液をスプレーする事で、雑菌を退治する事が出来ます。

重曹を使う

更には、重曹を使う手もあります。重曹は腑暮らし子やコンニャクの凝固剤や胃薬として昔から使われてきた、人体に無害な物質です。家族にアレルギーのお子さんがいても使えるので、最近流行りの布用の消臭スプレーに不安がある人にもお勧めです。

特に重曹はアルカリ性なので、酸性の臭いである汗の臭いには効果的です。臭い消しの場合、水に重曹を入れた重曹水をスプレーするだけでも臭いが取れますが、もっと強い頑固な臭いには、直接重曹を振りかける方法があります。

やり方はいたって簡単。重曹をマットレスの表面に振りかけて、2~3時間放置するだけ。最後に掃除機でしっかり吸えば、重曹の殺菌効果で嫌な臭いを取る事が出来ます。この方法は子供のおねしょの臭い消しなどでも紹介されている方法なので、かなり効果的です。

重曹は湿気取りにも使える上に臭いも取ってくれます。家にあれば掃除や使える用途も多いので、常備しておくと便利ですね。

業者に任せる

これで臭いが取れなければ、最後は業者に任せる方法もあります。今は専門の業者が出張して洗浄してくれるサービスもあるので、思い切ってこの様なサービスを使う方法もあります。

金額は多少かかりますが、預ける必要がなくその日のうちに作業が終わるので、寝る場所がないと言う問題もありません。あまり臭いが酷い時には、この様なサービスを受けるのも一つの手です。