腰痛になる人の姿勢
腰痛に悩む方もいるでしょう。腰痛はさまざまな原因が考えられます。腰に負荷をかけすぎてしまうこと、また仕事や運動によって、腰を酷使してしまった場合、その他にも、姿勢などが悪い生活を続けていることでの慢性的な腰痛などのパターンもあります。

腰痛になりやすい姿勢

立ち姿勢

腰痛になりやすい姿勢としては、まず立っている状態では、猫背になっている状態、また、アゴを引いている体勢、また、体のバランスが崩れていることで、重心が偏っている場合なども考えられます。

立ち仕事などの場合には、姿勢をあまり意識せずに作業をしている方もいるでしょうが、自然と腰を痛めるような姿勢をしていることもあります。作業をしたり、何かに集中していると、姿勢まで気にすることは難しいですが、姿勢が崩れていると、日々の腰への負担が痛みへとつながります。できるだけ作業中も意識して姿勢を正すように心がけることも大切です。

座り姿勢

また、デスクワークなどをしている方などは、いすに座って作業をすることも多いでしょう。そのため、座っている時の腰に負担がかかる姿勢としては、自分の身長に対して高さがあっていないいすに座っていたり、また、足を投げ出すような姿勢を長時間続けている、ソファーなど柔らかい素材のものに長時間座っているなどの場合です。

いすに座っている状態でも、姿勢が自然と猫背になってしまうこともあります。このような状態も腰に痛みがくることがあるため、できるだけ背筋をのばし、足を投げ出さずきちんとした姿勢をして作業をすることが大切です。

また、いすの高さなどが合わない場合には、自分にあったいすに買い換えて対策をするようにしましょう。また、ずっと座ったままの状態では、腰にかなりの負担がかかります。たまに立ち上がり、軽くストレッチなどをして体をほぐすことも、ある程度対策につながります。

軽くストレッチする

基本的に同じ姿勢を長時間続けることは、筋肉がかたまり、痛み、こりなどの原因になり、代謝機能、血流の悪化により、むくみなどの原因にもなるので、ある程度同じ姿勢を続けていると感じたら、少し体を動かし、筋肉をほぐすなり、血流の改善のためにストレッチなどを行うように心がけるようにしましょう。

物を持つ時の姿勢

また、腰を痛めないためには、物を持つ時などの姿勢も重要です。重い物を持つ場合には、一気に物を持ち上げようとすると、体勢が悪いと、腰に急激な負担がかかってしまい、ぎっくり腰になる可能性もでてきます。

ある程度力に自信があると思っていても、自分の持つ時の体勢が崩れていたり、また自分が予想していたよりも重いものの場合には、腰を痛めることになるため、あまり一気に物を持ち上げないことが大切です。

姿勢としては中腰の状態で物を持ち上げないことが重要です。中途半端な姿勢で物を持ってしまうと腰を痛めてしまうことがあるため、物の近くでしっかりと膝を曲げた状態で、腰などが猫背の状態にならないように注意しながら、しっかりと両手で掴み、それなりに重量のあるものや大きさがあるものなどは、重さなども確認し、自分で持てるという確証を得たら、持ち上げるようにしましょう。

また、重いものであっても、中身を分けて持つことができる場合には、少し量を減らし、重さを分散しておくことで、腰への負担を減らしましょう。また、どこかに物を運ぶ時は、台車などが近くにある場合には、それを利用することで、腰への負担を軽減することも大切です。

腰痛予防

腰痛予防
腰痛に悩む方は、姿勢を日々、意識しながら過ごし、また、できるだけ腰に負担がかからないように考えながら行動することが大切です。また、腰痛を予防するために、運動をすることも大切です。運動不足の場合には、筋肉が弱まってしまうため、腰周辺、背筋なども衰えることがあります。

筋力の低下は、物を持ったりする場合に、腰への負担が増え、その結果、痛みなどにつながることもあるでしょう。そのような事態にならないために、筋力トレーニングや有酸素運動を生活に取り入れていくことが大切です。また、筋肉の筋を痛めないために、柔軟性を養うことも重要です。

自宅で、定期的にストレッチをして体の筋肉を適度にほぐしていくことも、怪我の予防、腰痛や肩こりの予防にもつながります。

寝姿勢

腰痛になる原因として、他に考えられることは、寝る時の姿勢です。寝すぎてしまったりすると起きたときに、腰の痛みを経験した方もいるでしょう。同じ姿勢を保つことで、それが腰に負担となり痛みがでてしまうことも考えられます。

また、枕やマットレスなど自分の体にあっていない場合などは、首のこり、肩こり、また腰痛の原因になることもあるでしょう。枕やマットレスなどもさまざまな商品が開発されており、材質、特徴なども多種多様です。

寝起きに体が痛い、首や肩のこりが酷い、腰が痛いなどで悩んでいる方は、枕やマットレスを自分の体にあったものに買い替えを考えてみるのもいいでしょう。自分の体にあったものを使うことで、質のよい睡眠を得ることができ、またこりや痛みなども解消につながることもあります。