腰痛解消に人気の薬
腰痛の原因は主に筋肉のコリですが、中には骨に異常があったり、神経が傷を負っている、内臓疾患が原因になるものも存在しますので、病院で診てもらうのが良いといえるでしょう。

薬の種類

 

鎮痛剤

病院では腰痛治療として、薬を投与することがあります。薬物療法と呼ばれる手段で、腰痛を根本から治すというより、対処療法的な目的で行われるのが一般的です。有名な薬として多く使われているのが、鎮痛剤です。頭痛や生理痛など、様々な痛みの緩和で知られている、とてもポピュラーな薬になります。

腰痛が起きている場合には、血管が拡張して痛みがある部分に炎症を起こすようになります。炎症が原因で痛みが出たり、不快感があらわれる仕組みです。鎮痛剤を用いることで、炎症を鎮めることができます。痛みの原因である炎症を抑えることで、同時に痛みが緩和されるようになります。

あくまでも炎症を鎮める効果に留まり、治すことはできません。症状を緩和させた状態にして、炎症が回復するのを早めるのを目的とする治療薬だと考えるのがちょうど良いでしょう。炎症は筋肉の部分に発症しますので、急性腰痛や椎間板ヘルニアといった症状に効いてくれます。神経の損傷にはあまり有効ではないのが特徴です。

バファリンなどの市販薬

病院で処方される鎮痛剤の他では、バファリンなどの市販薬が有名です。鎮痛剤は内服薬タイプばかりでなく、外用薬や薬物注射も存在します。外用薬は湿布の名称であまりにも有名です。市販品としてたくさん売られていますので、入手自体はとても簡単です。

湿布以外

湿布以外ではローションや軟膏、クリームタイプなどがあります。皮膚の表面に貼り付けたり塗布することで、薬剤が浸透して炎症を鎮めて痛みを緩和してくれます。表面部分の炎症の緩和をすることから、効き目は弱めです。使いすぎると肌荒れを起こす心配があるため、注意して使ってください。

冷感と温感の2種類がありますが、どちらも効果的な違いはありません。使い心地の良い方を選ぶだけで構いませんが、患部が熱を帯びている場合には冷感タイプの外用薬がおすすめです。

薬物注射

薬物注射
薬物注射は神経ブロックとも呼ばれています。腰痛で病院を訪れた時に注射をするか尋ねられる場合がありますが、殆どの例で神経ブロックが当てはまります。鎮痛剤としての効果は最も高くなります。

神経をブロックしますので、痛みが大幅に取り除かれます。また、筋肉の緊張に関係する神経もブロックすることから、筋肉をほぐして血行を改善する効果も持っています。神経にまで作用するのがポイントです。麻酔薬とステロイド系抗炎症薬があり、後者の方が効き目が高いという特徴があります。

血流改善薬と筋弛緩剤

鎮痛剤の他には、血流改善薬と筋弛緩剤が有名です。血流改善薬は滞った血液の流れを促し、痛みの症状が和らぐのが特徴です。加齢に伴い発症しやすい、腰部脊柱管狭窄症に対して投与される例が多く見られます。

筋弛緩剤は凝り固まった筋肉をほぐして、腰の痛みを緩和してくれるものです。鎮痛剤と併用した使い方が効果的です。また、腰痛の薬としては知名度が下がりますが、脳の電気回路の異常や精神的な原因による腰痛も存在しており、これらの原因には抗うつ剤や抗不安剤、抗てんかん剤などで治療が行われるようになります。

基本的に血流改善薬や薬物注射がいきなり行われることはなく、まずは鎮痛剤で様子を見るようにします。その後に症状の度合いや原因に合わせて、適切な薬が使われるのが自然な流れです。

最後に

最後に
薬の効果は腰の痛みに絶大な効果を発揮してくれますが、根本原因を取り除くことは出来ず、効き目の強いものほど副作用のリスクが高くなる傾向を持っています。抗てんかん剤を使う人や精神的な原因が関係する人でも無い限り、長期にわたって薬で治療をするのはあまり腰痛改善に繋がらない可能性を持っているため、日常生活で改善を目指す対策を行うことが肝心です。

日常生活を見直して、腰に負担を掛けるような動作や姿勢をしていないか、思い出してみましょう。長時間同じ姿勢で作業している人は要注意です。休憩をこまめに挟んで、身体を動かすことを心掛けてください。

マットレスの見直し

寝ている時間にも気を使いましょう。6時間や8時間など、かなり長い時間を掛けて横になって寝ている状態ですので、寝相によっては腰への負担が増してしまいます。腰の負担を和らげる寝具として、マットレスを工夫するのがおすすめです。

身体を支える寝具ですから、腰の状態に少なくない影響を与えます。背中の部分が反り返ってしまったり、丸まってしまうマットレスの使用は避けましょう。筋肉や骨に負担が掛かり、腰痛の回復を妨げてしまいます。

姿勢の良い状態で寝ることができるマットレスを選ぶことによって、背中や腰の周囲を休ませることが可能です。ですが、どんなに高機能なマットレスを購入しても、古くなると機能が低下しますから、弾力や反発力が低下してきたら古いものは捨てて、新しいものに取り替えるようにすることが大切です。