腰痛を緩和させる簡単な方法
生活をしていて、腰を痛めた経験をお持ちの方もいるでしょう。腰痛になることで、その痛みが酷い状態になると生活に支障がでてしまうこともあります。腰痛が酷い場合には、無理をするとさらに症状が悪化することがあります。無理をせず医療機関などで診察を受けるようにしましょう。

また、ある程度痛みなどの症状が治まるまでは、安静にしておくことも大切です。腰を痛めてしまうということは、生活になんらかの原因が隠されていると認識することが大切です。腰の痛みが出た時点で、自分の生活習慣などをチェックする必要があります。

腰痛と聞くと、癖になり何度も繰り返して腰痛になるというイメージもありますが、これは、生活の状態を改善しないことも原因とみていいでしょう。腰痛になりやすい生活を改善せずに続けてしまうと、当然、安静にして痛みが和らいだとしても、その後、また痛みがでてしまうことはあります。

腰痛の悩みを解決したいなら、痛みを軽減し治すことも大切なことですが、その後、しっかりと予防していくことも重要なことです。

腰痛対策

腰痛対策
腰痛対策としては、腰に負担がかかる作業、生活をしていないかをまずチェックしましょう。重いものを持つ時なども一気に持ち上げると、腰に負担がかかります。また、それ以外にも姿勢が普段から常に悪い状態、座りっぱなしや立ちっぱなしで長時間、同じ姿勢をしている場合なども腰に負担となり、腰痛の原因になることがあります。

また、運動不足の状態は、筋力の低下を意味します。腰周りの筋肉もあまり使わない状態が続いてしまうと、徐々に筋力低下につながり、ちょっと激しい動きをしたり、物を持ち上げたりすることで、その分、腰への負担は大きくなるでしょう。

そのため、腰痛になりやすい状態といえます。それ以外にも、長時間、寝すぎることも腰の痛みにつながることもあり、これらのような原因を改善していくことで、腰痛対策をしてきましょう。

重い荷物を持つ場合

まず、重い物を持つ場合には、一気に持ち上げず、できるだけ腰の負担を軽くするため、分散して持てる物ならば、少し量を少なくしてから持ち上げるようにするといいでしょう。また、分散することができない場合には、周囲にいる人に協力してもらい、運ぶことで腰への負担を軽減します。

同じ姿勢をし続ける作業や生活をしている場合

次に、同じ姿勢を保ち続けるような作業、生活をしている場合です。人は集中して作業をしたりする場合には、緊張状態になりやすく、筋力なども緊張し硬くなりがちです。そのため、腰に対しても筋肉が硬くなりやすく、これを軽減するためには、作業の合間に少し体を動かすように心がけることも大切です。

少し休憩をはさみ、軽くストレッチなどを行うのもいいでしょう。また、姿勢が悪いことでも腰に負担となるためできるだけ姿勢を意識しつつ姿勢を正すように、日々心がけることも対策の一つになるでしょう。

運動不足

運動不足の状態は、腰だけの問題ではなく、体全体の問題にもなります。筋力の低下はもちろんのこと、それ以外にも血流の悪化を招き、代謝機能の低下にもつながります。また、肥満にもなりやすいため、生活習慣病などの問題もでてきてしまうこともあるでしょう。

そのため、筋力を鍛えるだけでなく、健康維持のためにも、運動不足を解消していくことが大切です。ですが、いきなり過度な運動をしてしまうと、体に対して負担が大きくなるため、まずは体を動かす習慣として、ストレッチやウォーキングなどを定期的に行うようにしましょう。

そこから少しずつ運動量を増やし、ランニングをしたり、軽めのスポーツなどを休日に楽しむことで、筋力を鍛え、また、血流の改善、代謝機能の向上、そして肥満の予防につなげていけるように、自分のペースで運動量を調整していくことが大切です。

長時間の睡眠

長時間の睡眠

また、寝る時に関してもあまり長時間の睡眠は、体にとってもよくない場合があります。寝すぎてしまうことで頭痛などが起こることもあります。そして、長時間寝てしまうと腰に対しても痛みが出てくることがあるため、睡眠不足、また寝すぎには注意しましょう。

寝起きの腰痛

そして、寝ている状態で腰の痛みがでてしまい、寝起きに腰が痛いと悩んでいる方は、マットレスなどを別なものに買い換えてみるといいでしょう。近年では、マットレスも高反発、低反発などさまざまな商品が開発されているため、質のよい睡眠をとるために、自分のにあったマットレスを探すことも重要です。

睡眠を取ることで、疲労などもしっかりと解消されるため、寝にくい、また、なかなか寝付けない、起きた時に腰の痛みが気になるという場合には、寝ている姿勢などが原因のことも考えられます。

また、眠りが浅い場合には、疲れやストレスの原因にもつながるため、腰の痛みを軽減するため、また、疲れやストレスを軽減、解消していくためにも、自分にあったマットレスを見つけ、買い換えてみることを考えてみるといいでしょう。さまざまな対策をして、腰痛を予防していくことが大切です。